Contents
  • あるじ日記〜北新地にしたか
  • 携帯サイト/携帯電話でも、お得なクーポン券や当店の情報をご覧いただけます。上記の二次元コードを読み取り、 アクセスしてください。未対応機種の方はメールにてアドレスを送信できます。
  • アドレスを送信

お酒・お飲み物/Alcohol & Non Alcohol Drink

2017年4月11日 【お酒】 而今 純米吟醸無濾過生酒 千本錦

而今(じこん) 純米吟醸無濾過生酒 千本錦

 

一合 1,000円

 

純米吟醸生酒(三重) 日本酒度+1 酸度1.7

 

売り切れました。有り難うございました。

2017年3月18日 【お酒】 萩の鶴 純米吟醸生原酒 別仕込 さくら猫ラベル

萩の鶴(はぎのつる) 純米吟醸生原酒 別仕込 さくら猫ラベル

 

一合 1,000円

 

純米吟醸生原酒(宮城) 日本酒度−2 酸度1.3

 

売り切れました。有り難うございました。

2017年6月13日 【新入荷の希少なお酒】 長珍 27BY 純米吟醸無濾過本生 5055 生生熟成

長珍(ちょうちん) 27BY 純米吟醸無濾過本生 5055 生生熟成

 

一合 1,500円

 

純米吟醸無濾過生原酒(愛知) 日本酒度+8 酸度1.9

 

愛知県は津島市にある長珍酒造さんが醸すお酒「長珍」。

 

蔵元さんのある津島市は、提灯造りが盛んな土地でかつては‘提灯屋’の屋号で酒造りされていたそうです。

 

ところが、ホンマの提灯屋と間違えられる事が多く、‘末長く、珍しくおいしい酒、重宝される酒でありたい’との願いを込められ「長珍」の屋号になったそうです。

 

この蔵元さんの醸すお酒の特徴は、お米の旨みたっぷりの濃醇旨口系で、厚みのある酸です。

 

酸の迫力が凄いです。

 

こう書くと酸っぱいお酒?と思われるかも知れませんがそうでなく、お料理を食べた後飲むと口の中がスッキリし、またお料理の味を引き立てる味わいでございます。

 

さて、今回お品書きに載せましたこの「長珍 27BY 純米吟醸無濾過本生 5055 生生熟成」、久しぶりの登場となります。

 

お蔵さんで寝かせてから出荷される為、味が乗っていて実に美味い。

 冷やで提供させて頂いておりますが、燗すると大化けし、旨みが口いっぱいに広がり楽しめます。

 

日本酒度は+8ありますが辛さはさほど感じません。

 

あるじの拵えるお料理との相性が良いお酒です。

 

少量入荷の為、売り切れの際はご了承下さい。

2017年4月10日 【希少なお酒】 秋鹿 2015年上槽 純米吟醸無濾過生原酒 一貫造り 全量自営田無農薬山田錦

秋鹿(あきしか) 2015年上槽 純米吟醸無濾過生原酒 一貫造り 全量自営田無農薬山田錦

 

一合 1,500円

 

純米吟醸無濾過生原酒(大阪) 日本酒度+8 酸度1.9

 

大阪北部に位置する能勢町にある蔵、秋鹿酒造有限会社。

 

蔵元さん自ら良質の原料米を作り、お酒が出来上がるまでの‘一貫造り’を信念とする蔵元さんです。

 

自営田では、低農薬栽培や無農薬栽培のお米を栽培。

 

近年、雄町米も栽培されておりますが、秋鹿と言えば山田錦と言われるほどです。

 

しかも醸すお酒は全量純米酒造り。

精白歩合、酵母、造りを変える事で、沢山の酒類のお酒があります。

 

さて、今回当店でお出しするのは久しぶりの登場となります「秋鹿 2015年3月上槽 純米吟醸無濾過生原酒 一貫造り 全量自営田無農薬山田錦」でございます。

 

名前の通りこのお酒は、秋鹿酒造さんの自営田で無農薬栽培された山田錦を使用して、米造りから酒造りまで一貫造りされたお酒です。

 

お味はと言いますと、無濾過生原酒で酸度が1.9もある為、新酒の頃は濃厚な味わいながらもすっぱく感じられましたが、それから二年間常温にて熟成させた事により、すっぱく感じた酸は爽やかな酸になり、味も旨味や特に甘味を感じられる酒質へと変わりました。

しかも、旨さが口の中で後を引きます。

 

このお酒は冷やでお出ししておりますが、燗でお飲み頂くと、旨味が更に開き、冷やとはまた違った味を楽しめ、杯が進む事間違いなし。

 

 

少量在庫の為、売り切れの際はご了承下さいませ。

2014年3月12日 【希少なお酒】 黒龍 純米吟醸生貯蔵酒 ‘純吟三十八号’

黒龍(こくりゅう) 純米吟醸生貯蔵原酒 ‘純吟三十八号’

 

一合1,500円

 

純米吟醸酒(福井) 日本酒度+?

 

今更説明する必要もない程のお酒「黒龍」さんの「純米吟醸生貯蔵酒 ‘純吟三十八号’」の新酒をお品書きに載せます。

 

この「純吟三十八号」は、かつては年に二回、春に生原酒、秋には一回火入れの生貯蔵が出ていましたが平成20年からは秋の生貯蔵酒だけになりました。

その平成24年度の生貯蔵酒でございます。

 

‘一度飲めば心に残る酒’である事を目指して、更なる努力をしている蔵元のお酒、しかも純米吟醸酒ですから、美味しい事この上ない。

 

合わせると美味しいお料理は、若狭で獲れたお魚、当店では「ぐぢ焼き」や「笹鰈の一夜干し」、季節物ですが越前蟹などが宜しいと思います。

 

少量入荷の為、売り切れの際はご了承下さいませ。

2016年9月11日 【希少なお酒】 十旭日 25BY 純米吟醸生原酒 改良雄町六〇 まげなにごり

十旭日(じゅうじあさひ) 25BY 純米吟醸生原酒 改良雄町六〇 まげなにごり

 

一合 1,500円

 

純米吟醸生原酒(島根) 日本酒度+8 酸度1.9

 

売り切れました。有り難うございました。

2016年12月5日 【希少なお酒】 長珍 26BY 純米吟醸無濾過生原酒 備前雄町50

長珍(ちょうちん) 26BY 純米吟醸無濾過生原酒 備前雄町50

 

一合 1,500円

 

純米吟醸無濾過生原酒(愛知) 日本酒度:不明

 

売り切れました。有り難うございました。

2017年3月18日 【新入荷の熟成酒】 風の森 25BY 純米吟醸無濾過生原酒 しぼり華 雄町

風の森(かぜのもり) 25BY 純米吟醸無濾過生原酒 しぼり華 雄町

 

一合 2,000円

 

純米吟醸無濾過生原酒(奈良) 日本酒度−4.0 酸度1.9

 

当店の人気酒のひとつである奈良県は油長酒造さんの醸す「風の森」。

 

このお酒は、全量契約栽培米である岡山県産の‘雄町’を用いて平成25年に醸造された純米吟醸無濾過生原酒を、氷温冷蔵庫にて約3年寝かした物でございます。

 

長期間低温で熟成されたこのお酒、すこぶる美味い。

丸みを帯びた酒質に、雄町米の旨みや甘味が味わえ、感動する事間違いなし。

 

このお酒はお出しの利いたお料理とよく合うと思われます。

「風の森」と言うお酒自体があるじの拵える、お出しの利いたお料理に合うんでしょうね。

 

この時期ですと、‘鯛の松皮真丈のお吸い物’や‘蛤真丈のお吸い物’、‘若筍煮’等との相性が宜しいかと思われます。

 

お料理とお酒の相性の良さと言いましょうか。勿論、お酒単体でも楽しめます。

 

少量入荷の為、売り切れの際はご了承下さいませ。

2017年3月18日 【新入荷の熟成酒】 悦凱陣 25BY 純米無濾過生原酒 阿州山田錦

悦凱陣(よろこびがいじん) 25BY 純米無濾過生原酒 阿州山田錦

 

一合 2,000円

 

純米無濾過生原酒(香川) 日本酒度+9 酸度2.0

 

香川県は琴平にある丸尾本店さんの醸すお酒「悦凱陣」。

 

この蔵の仕込み水は、蔵内にある井戸の水が使われておりますが、この水が面白い水質でして、仕込みの前半は軟水、後半は硬水になるそうです。

 

その為、前半は造ってすぐに飲んで頂けるようなお酒に、後半は熟成させるようなお酒に合うそうです。

 

その丸尾本店さんが徳島県産山田錦を用いて平成25年に醸された「悦凱陣 25BY 純米無濾過生原酒 阿州山田錦」を数年振りにお品書きに載せました。

 

仕込みの前半に醸された70%の低精米のお酒ですが、あえて3年熟成させました。

お米の旨味がしっかりとあり、苦味や酸味、渋みや甘味等が複雑に交じり合った印象を受けます。

 

冷やでお出ししておりますが、燗で召し上がられますと、更に旨味や甘味が開きついつい杯が進むほどです。

 

この蔵元さんの醸すお酒は、あるじの拵えるお料理によく合います。

 

数本のみの在庫の為、売り切れの際はご了承下さいませ。

2016年9月18日 【熟成酒】 不老泉 22BY 純米吟醸しぼりたて生原酒 木桶仕込 滋賀渡船

不老泉(ふろうせん) 22BY 純米吟醸しぼりたて生原酒 木桶仕込 滋賀渡船

 

一合 2,000円

 

純米吟醸生原酒(滋賀) 日本酒度+4 酸度1.9


| 1 | 2 | 3 | 4 |